×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

こたびphoto

バリ滞在 09.6.30〜09.7.20


1.ウブドの宿「ルマ・パキール」

 1. ウブドの宿「ルマ・パキール」
 2. ウブドの街
 3.  ウブドのお店
 4. ウブドの自然
 5. バリ舞踏
 6. パダンバイ2泊3日
 7. バリの食事1
 8. バリの食事2
 9. バリの食事3
 10. バリの食事4
 11. バリの動物たち
 12. バリのお買い物
 13. 台北トランジット(行き)
 14. 台北トランジット(帰り)

   

ウブドで滞在した宿
「Rumah Pakir(ルマ・パキール)」の入り口。

   

宿のお庭。
熱帯植物がもわもわ生えているのが
いいかんじ。

   

最初に泊まったお部屋は「ROOM2」。
庭に面した 1階のお部屋。

天井が高くて広いベッド。
バリ家具の調度品も洒落てて素敵。

   
ROOM2のテラス。
   

朝食はこんなかんじ。

お庭を眺めながら食べる、
素敵な朝。

   
バリのお供え物「チャナン」。
バリの人は毎日こういうのをいくつも作って、
お家やお店の何箇所かにお供えしている。
毎度毎度、こんなにキレイに葉っぱとお花で
飾りを作るのだ。

こういう美意識が根底にあるあたりが、
宿やご飯の値段が安くても
安っぽく見えない要因と
つながっているような気がする。
   
こんなものが家の庭にあったら幸せだなー。
と思いながら毎日見ている。
こういうへんてこな石像とかを
家の広い庭に配置して暮らしたい。夢だ。
   
部屋の中から庭を眺める。
   
宿の前は田んぼ道。
   

次に泊まった「ROOM3」。

2階にある、一番広いお部屋。

   
 

ROOM3のテラスからの眺め。

部屋の窓から、アグン山も見える。
   

広々としていて、落ち着く。

   
いいかんじの色の、夕焼けの日。
   
頭にモノを載せてあるく人々。
   

近所の犬。
夜に道を歩いていると、
吼えながら足をつついてくる。
かなり、こわい。

   

最後に泊まった部屋「ROOM1」。

2階の小さめなお部屋。

   
窓からの風景。
   


部屋のテラスにいたら、
宿の犬、ジャクが階段を登ってやってきた。

   
庭の東屋でお昼寝中のジャック
   
→2へ

【へんてこえ日記 バリ滞在記】
 詳しい旅の日記はこちら!

バリ旅1_台湾トランジット。あやしいホテルで1泊
バリ旅2_バリの宿とお酒
バリ旅3_バリマッサージとアラックの夜
バリ旅4_実力派インスタントミーゴレン
バリ旅5_バリ芸術ダイジェスト
バリ旅6_ケチャと馬の火の粉の夜
バリ旅7_ローカル食堂で極上ナシ・チャンプル
バリ旅8_一見の高級感と味のグレードの反比例
バリ旅9_満月で七夕の夜
バリ旅10_チャンプアンの性なる?!散歩道
バリ旅11_バリの喧騒
バリ旅12_旅前風邪と男前なジャック
バリ旅13_パダンバイ夜中の大音響
バリ旅14_ビンタンラッパ飲み
バリ旅15_パダンバイから久々のウブド帰還
バリ旅16_休息日
バリ旅17_買い物日和とジュゴク拝借聴きの夜
バリ旅18_ウブドの良かった店の変化
バリ旅19_バリの飲食の情緒
バリ旅20_バリ出発と台北の夜

【酒ぶろーぐ バリ滞在記】
 日々の様子を写真付きで毎日タイムリー更新していました。

バリ旅1_台北トランジット
バリ旅2_バリ到着
バリ旅3_今回の滞在傾向
バリ旅4_精霊の通りとヒーリングマッサージ
バリ旅5_その辺の風景とスーパーの買い物
バリ旅6_バロンに導かれてバリ芸術ダイジェスト
バリ旅7_ケチャファイヤーで灰だらけトランス
バリ旅8_現地おすすめナシチャンプル
バリ旅9_天国の風景とローカル食の深みへはまりゆく
バリ旅10_満月の鶏の戦いと炎の壮絶ケチャ
バリ旅11_チャンプアンの性なる?!散歩道
バリ旅12_ゆっくりデー
バリ旅13_旅前風邪
バリ旅14_パダンバイにて大音響にうなされる夜
バリ旅15_海辺で過ごす
バリ旅16_パダンバイより再びのウブド
バリ旅17_バリ的幕の内弁当とカクテル
バリ旅18_ハッテンワインとジャムウを制覇
バリ旅19_ホスピタリティ
バリ旅20_バリ最後の飲食
バリ旅21_帰りの台湾トランジットで士林夜市



<<こたびphoto Topへ

Copyright ©sake freak all rights reserved.