×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

こたびphoto

バリ滞在 09.6.30〜09.7.20


10. バリの食事4

 1. ウブドの宿「ルマ・パキール」
 2. ウブドの街
 3.  ウブドのお店
 4. ウブドの自然
 5. バリ舞踏
 6. パダンバイ2泊3日
 7. バリの食事1
 8. バリの食事2
 9. バリの食事3
 10. バリの食事4
 11. バリの動物たち
 12. バリのお買い物
 13. 台北トランジット(行き)
 14. 台北トランジット(帰り)

   

モンキーフォレスト通りのレストラン「DIAN」へ。
日本語メニューもあった。
ナシチャンプル、アイスティー、トロピカルフルーツカクテルがセットになって27,000RPというお得な「Bセット」というのにしてみる。
野菜料理がン2種類と入って具の種類も充実のナシチャンプル。
味付け卵が美味しかった。

   

「カクテル」というのはてっきりアルコールのことだと思い込んでいたのだけど、食後に出てきたのは、フルーツの細かくきったのがグラスに入ったデザートであった。
カクテル、って別にアルコールのことをさしている訳じゃないんだよなあそういえば。
こういうデザート皿みたいなものに混ぜ込んだものをさすのかな?
ともかく、ランチのセットにアルコールのカクテルがついているのも妙だよな、とは思っていたのであった。


DIAN
 Bセット
 ナシチャンプル、アイスティー、
 トロピカルフルーツカクテル
 27,000RP
 +tax 10%

   

宿の近くのワルン・メンデス。
ここは雰囲気がいいので、なんとなく一番通っている。
鶏肉の炭火焼、アヤムバカーンは、炭火の味でしっかりと味が出ていておいしかった。
隣の欧米人になぜか「それはお魚?」って聞かれた。


Warung Mendes(ワルン・メンデス)
 アヤム・バカール・ララパン 20,000RP
 ビンタンL 27,000RP

   
最初の頃に行った、マンガ・マドゥにてお昼。
「ナシ・プチェル・マドゥ」を。
フライドチキンやテンペなどが乗っかったナシチャンプルの一種版。


Manga Madu(マンガ・マドゥ)
 ナシ・プチェル・マドゥ 14,000RP
 アイスティ 2,000RP

   

夜ご飯はモンキーフォレスト通りの「DIAN」で。
昨日の昼に行ったときに、グラスワインがあることを確認していたので、赤意外の味を確かめておこうと思って。

シーフードケバブ?だったかな?シーフードの串刺しのガーリックソースに、ハッテンワインの白をグラスで。

なんと、白ワインは飲みやすくて美味しかった!
あの赤のような草の味がしない。うん、白ならいけるかも。かなりさっぱり系ですが、甘くはないので、グッド。

   
続けてロゼもグラスでもらう。
おおっ!、あの草の味がほのかにする。
ハッテンワインの草っぽい味は、葡萄の皮の味ってことなのでしょうか。
赤よりきつくはないけどその辺が色に準じてマイルドな草感。
しかしどうして草っぽいのかなあ。バリの葡萄のせいか、醸造法のせいか。
結論としては、個人的にはハッテンワインは白に限る!ってかんじでしょうか。
でも、ハッテンらしさを味わうのであれば、赤にチャレンジすべきかも。グラスで・・。

DIAN
 シーフードケバブ 29,000RP
 ATTENワイン赤  25,000RP
 ATTENワインロゼ 25,000RP
 +tax 10%

   

適当に入った、欧米人のお客が多いお店。
バナナの皮にブンクスのように包まれてきたナシジェンゴ(という名前だったけど、ナシチャンプルのようだ)。

   
しかし、意外とおいしかった。
ご飯の質が日本の水分が多いお米に近くて、おいしいし、具も意外と色々入っているし。


DEVILICIOUS
 ナシ・ジェンゴ 10,000RP
 アイスティー 8,500RP
   
前回ウブドに来た時に、気に入っていて何度も通っていた「カフェ・ワヤン」に行ってみた。
が、昔の印象と違って接客に難アリで残念。


カフェ・ワヤン&ベーカリー
ナシ・チャンプル 39,000RP
ビンタンL 30,000RP
+tax 15%
   

バリ最終のお昼は、ナシチャンプルのおいしかった、ローカル食堂「Pak Sedan(パッ・セダン)」をチョイス。

   
 

やっぱりここのナシ・チャンプルは美味しい。
今日のごはんは、ホカホカしていて、
更に美味しさアップ。
最後のバリの昼食にふさわしい。


Pak Sedan(パッ・セダン)
 ナシ・チャンプル
 アイスティー
 合計 12,000RP

ネットの使えるカフェでブログ更新。
ウブドにはネットのつながるカフェがものすごく多い。
このお店は、サッカー場のわきにあって、開放的な雰囲気で、なかなか落ち着けて良かった。


Tumak
  バナナジュース 13,500RP
 +tax10%

   

夜は、行きなれた、宿の近くの「Warung Mendes(ワルン・メンデス)」。
滞在中合計4回くらい通ったかな。
ワルンにしては雰囲気の良さと、味と値段など、バランスが良いところがやはり圧勝するものだ。

   
ここは炭火焼きものが美味しかったので、「ベベ・バカール・ララパン」を注文。
バリの炭火焼きは、焼く前に甘みのあるタレに漬け込んでから焼いているっぽくて、そのタレが炭火で焼けたかんじがとても美味しいのだ。
「ベベ」はアヒルなので、これはアヒルの炭火焼きです。アヒルも鶏もいまいち見分けはつかないけれども・・。

これとビールで、幸せなかんじに最後の晩餐。
宿に戻って、更にビール一本飲んで、最後のバリの夜をシメました。


Warung Mendes(ワルン・メンデス)
 ベベ・バカール・ララパン 27,000RP
 ビールS 18,000RP

   
→11へ

【へんてこえ日記 バリ滞在記】
 詳しい旅の日記はこちら!

バリ旅1_台湾トランジット。あやしいホテルで1泊
バリ旅2_バリの宿とお酒
バリ旅3_バリマッサージとアラックの夜
バリ旅4_実力派インスタントミーゴレン
バリ旅5_バリ芸術ダイジェスト
バリ旅6_ケチャと馬の火の粉の夜
バリ旅7_ローカル食堂で極上ナシ・チャンプル
バリ旅8_一見の高級感と味のグレードの反比例
バリ旅9_満月で七夕の夜
バリ旅10_チャンプアンの性なる?!散歩道
バリ旅11_バリの喧騒
バリ旅12_旅前風邪と男前なジャック
バリ旅13_パダンバイ夜中の大音響
バリ旅14_ビンタンラッパ飲み
バリ旅15_パダンバイから久々のウブド帰還
バリ旅16_休息日
バリ旅17_買い物日和とジュゴク拝借聴きの夜
バリ旅18_ウブドの良かった店の変化
バリ旅19_バリの飲食の情緒
バリ旅20_バリ出発と台北の夜

【酒ぶろーぐ バリ滞在記】
 日々の様子を写真付きで毎日タイムリー更新していました。

バリ旅1_台北トランジット
バリ旅2_バリ到着
バリ旅3_今回の滞在傾向
バリ旅4_精霊の通りとヒーリングマッサージ
バリ旅5_その辺の風景とスーパーの買い物
バリ旅6_バロンに導かれてバリ芸術ダイジェスト
バリ旅7_ケチャファイヤーで灰だらけトランス
バリ旅8_現地おすすめナシチャンプル
バリ旅9_天国の風景とローカル食の深みへはまりゆく
バリ旅10_満月の鶏の戦いと炎の壮絶ケチャ
バリ旅11_チャンプアンの性なる?!散歩道
バリ旅12_ゆっくりデー
バリ旅13_旅前風邪
バリ旅14_パダンバイにて大音響にうなされる夜
バリ旅15_海辺で過ごす
バリ旅16_パダンバイより再びのウブド
バリ旅17_バリ的幕の内弁当とカクテル
バリ旅18_ハッテンワインとジャムウを制覇
バリ旅19_ホスピタリティ
バリ旅20_バリ最後の飲食
バリ旅21_帰りの台湾トランジットで士林夜市



<<こたびphoto Topへ

Copyright ©sake freak all rights reserved.