×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

こたびphoto

バリ滞在 09.6.30〜09.7.20


5. バリ舞踏

 1. ウブドの宿「ルマ・パキール」
 2. ウブドの街
 3.  ウブドのお店
 4. ウブドの自然
 5. バリ舞踏
 6. パダンバイ2泊3日
 7. バリの食事1
 8. バリの食事2
 9. バリの食事3
 10. バリの食事4
 11. バリの動物たち
 12. バリのお買い物
 13. 台北トランジット(行き)
 14. 台北トランジット(帰り)

   

メインストリートを歩いていたら、
いきなり目の前にバロンが出てきた!

バロンは、獅子、虎、牛などの魔力を持つ動物の混合体で、森の王者であり、バリヒンドュー教の善の象徴である。

バリ舞踏の中には「バロンダンス」という、ストーリーのある演目があるので、きっとこのバロンは、これから公演に向かうところなのであろう。

   

海外公演もこなすという実力派グループの
「Tirta Sari(ティルタ・サリ)」の公演を観に行く。

ヴィナ・ウィサタ前から出る無料送迎バスに乗って会場へ。

ドアとか開いたままなんだけど、気にせず走る。

   

この公演では、バリの代表的な舞踊をダイジェストで色々見れるお得仕様。
しかもガムランの演奏も、踊りもトップクラスの人たちなので
なかなか見ごたえがあって飽きなかった。

   
今回のお気に入りの演目「クビャール・トロンポン」。

男性が女性の踊りを踊るのだけど、スカートもヒラヒラとさせてなんだかオカマバーのショーを見ているようで面白い。

さすが男性というかんじで、女性の踊りなのだけど力強いので、見ごたえがある。

トロンポンという打楽器を演奏しながら踊る、けっこう技術も必要そうな踊りなのだけど
さすがに上手で、面白かった。

これ、もういちど観たい。
   

じゃんじゃじゃーん、バロン登場。

6種類の演目の最後はやはり「バロンダンス」。
これはかなりストーリー仕立てになっていて、台詞もあって、劇っぽい。

   
モコモコした、薬の木、が出てきた。かわいい。

バロンダンスは、もう、へんてこな物体がいっぱい出てきて、言葉がわからなくても見てるだけで相当面白い。

終わった時、隣に座っていた欧米人のおじさんが
「バロンは、なんだかはちゃめちゃで、すごかったね!」
みたいなことを言ってきた。
ほんと、おもしろかった。バロン。
   
お次は、
ダラム・タマン・カジョ寺院で行われる、
「ケチャダンス」。

上半身裸の男性が、わらわらと登場。
100人くらい出てくるので、それだけでも圧巻。
   
ケチャは、いわゆるアカペラガムラン。
「ケチャケチャケチャケチャ」と独特のリズムの合唱だけで構成されるのだけど
これがなかなか不思議な迫力で、いいのだ。

   
ケチャの男性達の輪の中で、「ラーマナヤ物語」が演じられます。
   

寝ちゃってますが、これも踊りの一部。

   
 

つづいて「サンヒャン・ジャラン」が始まる。
ココナツの殻に火が着けられる。

サンヒャン・ジャランは、トランス状態の馬の格好の人が裸足で火の上を歩きまわるのだ。

馬の人は、火の着いた炭を蹴っ飛ばすので、
たまに客席にも飛んできて、危なっかしい。
周りに待機してる人が、ほうきで飛び散った炭を真ん中にかき集めるのだけど、
また馬がどんどん周りに蹴っ飛ばしていく。
隣の子供は「ぎゃー」と言って逃げてた。
   

終わると、馬のおじさんは足の裏が真っ黒。
トランスに入ってると、本当に熱くないんだろうか。

   
こちらは、
満月と新月の夜のみに行われる
創作ケチャダンス。

ここのケチャの振り付けは独特で、普通のケチャとはかなり違う。

火を手に持って登場してくるし、子供も混じっている。

   
最初は祈りのダンスっぽくておとなしかったのだけど、この人が登場してきたあたりで、飛び回ったり人の上に乗っかったりと、だんだんエキサイティングになってくる。
   

対決のシーンらしき場面では、火のついた玉を、サッカーボールのように蹴っ飛ばしあう。
たまに観客席の方にも落っこちてきたり。
観客もワー!キャー!と言って観ている。

火の玉を思い切り蹴飛ばすので、
木に火が燃え移っちゃったり・・・。

   

舞台の上が火の海。
そしてこんな火の中にも平気で足を踏み入れる。
何なんだろうこれは。

   
騎馬戦の対決は、他でも見られた。
ケチャのお決まりの対決パターンなのだろうか。
   


舞台の後ろから、満月がだんだんと昇ってくる、というのも、なかなか良い風情でした。

   
→6へ

【へんてこえ日記 バリ滞在記】
 詳しい旅の日記はこちら!

バリ旅1_台湾トランジット。あやしいホテルで1泊
バリ旅2_バリの宿とお酒
バリ旅3_バリマッサージとアラックの夜
バリ旅4_実力派インスタントミーゴレン
バリ旅5_バリ芸術ダイジェスト
バリ旅6_ケチャと馬の火の粉の夜
バリ旅7_ローカル食堂で極上ナシ・チャンプル
バリ旅8_一見の高級感と味のグレードの反比例
バリ旅9_満月で七夕の夜
バリ旅10_チャンプアンの性なる?!散歩道
バリ旅11_バリの喧騒
バリ旅12_旅前風邪と男前なジャック
バリ旅13_パダンバイ夜中の大音響
バリ旅14_ビンタンラッパ飲み
バリ旅15_パダンバイから久々のウブド帰還
バリ旅16_休息日
バリ旅17_買い物日和とジュゴク拝借聴きの夜
バリ旅18_ウブドの良かった店の変化
バリ旅19_バリの飲食の情緒
バリ旅20_バリ出発と台北の夜

【酒ぶろーぐ バリ滞在記】
 日々の様子を写真付きで毎日タイムリー更新していました。

バリ旅1_台北トランジット
バリ旅2_バリ到着
バリ旅3_今回の滞在傾向
バリ旅4_精霊の通りとヒーリングマッサージ
バリ旅5_その辺の風景とスーパーの買い物
バリ旅6_バロンに導かれてバリ芸術ダイジェスト
バリ旅7_ケチャファイヤーで灰だらけトランス
バリ旅8_現地おすすめナシチャンプル
バリ旅9_天国の風景とローカル食の深みへはまりゆく
バリ旅10_満月の鶏の戦いと炎の壮絶ケチャ
バリ旅11_チャンプアンの性なる?!散歩道
バリ旅12_ゆっくりデー
バリ旅13_旅前風邪
バリ旅14_パダンバイにて大音響にうなされる夜
バリ旅15_海辺で過ごす
バリ旅16_パダンバイより再びのウブド
バリ旅17_バリ的幕の内弁当とカクテル
バリ旅18_ハッテンワインとジャムウを制覇
バリ旅19_ホスピタリティ
バリ旅20_バリ最後の飲食
バリ旅21_帰りの台湾トランジットで士林夜市



<<こたびphoto Topへ

Copyright ©sake freak all rights reserved.