×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

こたびphoto

沖縄島めぐり 2009.05.01〜2009.05.13



2.5/3 那覇〜座間味 2日目
阿嘉島にてマリリンに会いたい

 1. 5/02 那覇〜座間味 1日目
 2. 5/03 座間味 2日目(アカ島)
 3. 5/04 座間味〜那覇
 4. 5/05 那覇〜渡嘉敷 1日目
 5. 5/06 渡嘉敷 2日目
 6. 5/07 渡嘉敷 3日目
 7. 5/08 渡嘉敷〜石垣
 8. 5/09 石垣〜与那国 1日目
 9. 5/10 与那国 2日目
10. 5/11 与那国〜黒島1日目
11. 5/12 黒島 2日目
12. 5/13 黒島 最終日
【おまけ】  へんてこ手描き日記

   

キャンプ二日目の朝ごはん。
ゴーヤと、ポークの缶詰炒めを沖縄そばに乗っけて。
何でも炒めて乗っければいい、という沖縄スタイルであります。

   

今日はフェリーで阿嘉島に行ってみました。

座間味港から、フェリーで10分ほどで阿嘉島に到着。

これは、座間味島にいる犬のマリリンの方向を向いている、シロの像。
あの、映画「マリリンに会いたい」の題材になった犬で、なんと阿嘉島から泳いで、座間味にいるマリリンに会いに行ったというのだ。

しかし、「マリリンに会いたい」ってタイトルだから、マリリンの方が有名ぽいけど、どちらかというと、こっちのシロの方がエライのではないか?

   

こちらが座間味のマリリン像です。
この二匹の像は、きちんと遠く通しで、向かい合って建てられているらしい。

   
阿嘉島の北浜(ニシハマ)ビーチ。

なんで、「北」を「ニシ」と読むのか。
沖縄の読み方は難しいのだ。
   

北浜(ニシハマ)ビーチです。

   

お昼は、近くの小さなお店で、タコライス。


天井から人が出てきた、不思議なお店。

   
浜から歩いて港まで帰る途中に出合ったシカ。

慶良間諸島にしかいない、天然記念物のケラマ鹿だったようだ。
   
貝が盛り合わせセットのようにくっついていた。
   

阿嘉島の売店でビールとお菓子を買っていたら、なんと二人でこれを買ってしまってダブってしまった「タンナファクルー」。

甘食みたいなかんじの食感で、黒糖味でした。
「タンナファクルー」とは、創業者のあだななどに由来していて、「玉那覇、黒い」みたいな意味だそうです。

   

帰りの船は、やたらと小さい船。
水がけっこうかかる。

   
座間味に戻ってきました。

これはある民宿。
花の木が、みごとにうまい具合に2、3階に生えていたので、思わず撮影。これ、1本の木なのですよ。上手に生えたもんだなあ。
   
今日の買出し。
カツオとシメサバの魚系を中心に、島らっきょう、もずく、肉入り油みそ、謎の「魚団」缶詰、塩せんべい、島とうがらし調味料。
と、今夜も沖縄系食材をチョイス。

お酒は、久米仙ブラウン、菊の露ブラウン。
   
沖縄にはいっぱい売っている「コンビーフハッシュ」と、タマネギ、ナスを、ちゃんぷるー。
   
島とうがらしに、油みそをつけて食べると、うまい。

というか、この油みそは、すごく使えて、 つけたり、ご飯に乗せても美味しいし、炒め物の隠し味にしたりしても美味しい。同行者の一人は、これをたくさんまとめ買いしていきたい!と言っていたけど、確かに使えると思ったこれは。
   
今回のキャンプの名発明、グレープフルーツアロマ。

グレープフルーツを搾って泡盛を割って飲んでいて、搾り終わった皮をランタンの上に乗っけ出したのだが、これがなかなか。風下にいると、ほんのり天然のアロマが漂って、とってもいいかんじ。癒し作用満点なのである。

これはめっきり気に入って、これ以降、毎晩行うことになる。
   

最近キャンプに同行させるマイおしゃれカップ。これに泡盛のグレープフルーツ割を入れると、まるでマルガリータのようで素敵。

であれば、グラスのふちに塩を付けたら合うのではないか?と思ってやってみたけど、なんだか全然ダメだった。やっぱ、泡盛は泡盛なのか・・。

   
チャックロールに引き続き、謎の缶詰。

パッケージには
「FRIED FISH CAKES」
「TEMPRA」
「魚団」
などと書いてあって、鯛と、器に盛られたクッキーのようなものが絵描かれているが、何のことやらさっぱりわからない。

食べてみると、さつま揚げを甘い汁に漬け込んでどろどろになったかんじのもの。すごく甘いのだけど、でも、味はけっこう美味しい。

この味が一体何に似てるのか、メンバー全員で考えたけど、正解がわからなかった。
「お弁当のはじっこに入ってる、三角に切ってあるやつですよ」と言っている人がいて、それはさつま揚げのことだと思うのだが、しかしもしかしたら本当にそれが近かったりするのかもしれない。
   
 
   


 

【へんてこえ日記】沖縄旅行記
 詳しい旅の日記はこちら!

沖縄へ!1_那覇海援隊で100円ビールと泡盛の夜
沖縄へ!2_座間味で謎のチャックロール
沖縄へ!3_阿嘉島ハリセンボンおばさんとタクシー
沖縄へ!4_古座間味と那覇ナイト再び
沖縄へ!5_渡嘉敷島の焚き火とマサシさん方式
沖縄へ!6_野外ご飯の美味しさ
沖縄へ!7_無駄に長ーい滑り台
沖縄へ!8_石垣のホテルで、野外や沖縄の効果を想う
沖縄へ!9_日本最西端はじっこ体験
沖縄へ!10_端っこ病
沖縄へ!11_何も無いという充実
沖縄へ!12_黒島の居酒屋
沖縄へ!13_ドナドナなお仕事

<<こたびphoto Topへ


Copyright ©2006 sake freak all rights reserved.