×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

こたびphoto

チェコ飲みまくり旅 2007.7.13〜07.7.20


8.プラハの食事

 1. チェコ初日と街のデザイン
 2. 電車激突とブディヨビッツェの食と宿
 3.  ブディヨビッツェの風景
 4. 電車乗り越しでノバ・ペック
 5. クロムロフの食と宿
 6. クロムロフの風景
 7. プラハの風景
 8. プラハの食事

   

 

ホテルの朝ご飯。
毎度のビュッフェ形式でありますが。
チェコでは珍しく、サラダがあった!トマト!
チェコでは本当に、繊維はどうしているのだ?というほど、野菜が出てこない。

   

 

プラハ城の丘を降りて、
マナーストラナ広場近くのレストラン
「3+3+3」にて昼ごはん。

ビールは名前が読めなかった。。
適当に指指して注文したら
黒ビールだった。でもおいしかった。
0.5Lを一杯。

   

 

牛肉のグラーシュ。

   

休憩に、広場に出ていたのカフェでビール。

これまた名前が読めないビール.04L。
ここの店はメニューがオールチェコ語だった。

   

 

夜ご飯は、店内で自家製ビールをつくっている、
「ピヴォバルスキー・ドーム」へ。

明るいですが、チェコは夜の10時くらいまで明るいので、夜ご飯の時間でもこんなかんじなのです。

   

 

自家製のライトビール0.5L

   

また牛肉のグラーシュを頼んでしまった。。

 

   

 

バナナビール0.3L

このお店には、
こんなかんじの色んなビールがあるのだ。

   

翌日の昼食は
プラハで最も古いレストラン
「ウ・フレクー」にて。

   
 

黒ビールがわんこそば状態でやってくる。
昼だけど2杯のんでしまう。
薬草酒「ベベロフカ」も。

 

 

店内もレトロ。

   

 

また牛肉のグラーシュを注文しそうになったが、
ホワイトバージョンを注文。

   

 

ペトシーン公園の山の途中のカフェで
プラハの町並みを眺めながら。
ばてばてだったので、ついコカコーラを。。
でもビールより高かったのだ。

   

 

プラハ最後の晩餐は
ビアホール「ウ・デュボ・コチェック」
「2匹の猫」という意味。
壁とかいろんなところに猫が描いてある。

   
ポテトスープが絶品!
ビールはピルスナーウルケル0.5Lを2杯のむ。
あとべべロフカもいただく。
   
食事はヴェプショー・クネドロ・ゼロ
   

ホテルの部屋にて夜食。

缶ビールは
「ピルスナー・ウルケル」と「スタロプラメン」。
ポテトチップスにはチェコの絵本作家
ヨゼフ・ラダの絵が。

   
→プラハ最初へ

【へんてこえ日記 チェコ旅行記
 詳しい旅の日記はこちら!

チェコ1日目:時差の旅
チェコ2日目:知らない土地で電車がぶつかる
チェコ3日目:異国での乗り越し記録更新
チェコ4日目:今日も誤算だが嬉しい誤算
チェコ5日目:プラハでの苦行
チェコ6日目:ムハとの勝手なるシンパシー
チェコ7日目:飛行機はずっと昼だった
チェコ8日目:もはやチェコではない

<<こたびphoto Topへ

 

 


Copyright ©2006 sake freak all rights reserved.