×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

こたびphoto

チェコ飲みまくり旅 2007.7.13〜07.7.20


5.クロムロフの食と宿

 1. チェコ初日と街のデザイン
 2. 電車激突とブディヨビッツェの食と宿
 3.  ブディヨビッツェの風景
 4. 電車乗り越しでノバ・ペック
 5. クロムロフの食と宿
 6. クロムロフの風景
 7. プラハの風景
 8. プラハの食事

   

またもや予定より3時間遅れで
目的地のチェスキー・クロムロフへ到着。

 

   

この地で泊まるホテルRUZE。
元修道院だった建物の由緒ある5つ星ホテル。

   

お部屋も木目調の家具などでとても素敵。

 

   

歴史あるホテルなのだろうけど、キレイです。

   

 

窓を開けるとクロムロフの美しい町並み!

   
右の椅子みたいなものは、なんとトイレ。

水を流す場所がなかなかわからず、
かなーり、探してしまった。
   

今日も昼ごはんを食べられたのはやっぱり16時になってしまった。

ヴルタヴァ川(いわゆるモルダウ川)沿いのレストランのテラスで食事。

   

お腹空いてるので、やっぱり肉だな!
と、「チキン」を選んだつもりだったのだけど、
やってきたのはゆでた野菜に乗っかった鮭だった。ううむ。なかなか思うとおりに注文するのは難しいものだ。

この後街を探索したいのでビールは0.5リットル1杯でやめておく。

   

夕ご飯は、川沿いのテラスのある、ペンションのレストラン「バルバカーン」。

 

   
壁に書かれていた店名。
   
 

 

かまどで焼いたグリルチキン。
ぱりぱりでうまい。

 

ピルスナーウルケル0.5L

   

ここでも食後酒がサービスで出た。

   
翌日の朝食はテラスで。
広くてモルダウ川に面していて町並みも見渡せる素敵な空間。
   
朝食の内容はどこでも同じようなものなのですがね。。
   
街探索の休憩がてら
近くのカフェでエッゲンベルグ0.3Lを飲む。
ものすごく美味しい!
この旅で一番美味しい!と思ったビールだ。
工場に近いせいもあるのだろうか。
   
昼はクロムロフのレストラン
「ホスポタ・ナ・ロウジ」

チェコの代表的な料理
ヴェプショー・クネドロ・ゼロを食べる。
(ローストポーク、クネドリーキ、ザワークラウト)
飲み物はここでもエッゲンベルグ。
   
夜は面倒なのでプラハのホテルのレストランで。

パンとブルーチーズのディップは美味しかったけど、パスタはいまいちだった。
飲みものはピルスナーウルケル0.5L×2杯。
   
 
   


 

【へんてこえ日記 チェコ旅行記
 詳しい旅の日記はこちら!

チェコ1日目:時差の旅
チェコ2日目:知らない土地で電車がぶつかる
チェコ3日目:異国での乗り越し記録更新
チェコ4日目:今日も誤算だが嬉しい誤算
チェコ5日目:プラハでの苦行
チェコ6日目:ムハとの勝手なるシンパシー
チェコ7日目:飛行機はずっと昼だった
チェコ8日目:もはやチェコではない

<<こたびphoto Topへ

 

 


Copyright ©2006 sake freak all rights reserved.