×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

こたびphoto

チェコ飲みまくり旅 2007.7.13〜07.7.20


7.プラハの風景

 1. チェコ初日と街のデザイン
 2. 電車激突とブディヨビッツェの食と宿
 3.  ブディヨビッツェの風景
 4. 電車乗り越しでノバ・ペック
 5. クロムロフの食と宿
 6. クロムロフの風景
 7. プラハの風景
 8. プラハの食事

   

 

プラハ観光。

これは市民会館。
内部はアールヌーボーの華麗な装飾。

   

旧市街広場。
この広場を取り囲むように、いろいろな時代の異なる建築様式の建物が混在して建っている。

 

   

 

天文時計。
1時間に一度、仕掛けが動く。

   

ヴルタヴァ川(モルダウ)にかかる、カレル橋。

橋には30体の聖人像が並ぶ。

   

ザビエルを支える人々の像の中に、東洋人らしき姿が見られる。

   

美しいヴルタヴァ川。
頭の中で、モルダウの曲が流れる。

   

丘の上のプラハ城から、プラハの街を眺める。

   

プラハ城前では、モルダウの曲の演奏をしていた。思わず聞き入る。

   

聖ヴィート教会。

   

プラハ城内にある、黄金小道。
色んな色の、小さな家が並んだ、かわいい小道。今はお土産物屋さんになっている。

   
 

どこもかわいらしい。

雲のデザインの壁の家。

 

   

アンティーク時計屋さん。

ここで一つ時計を買ったのだけど、動かない、飾りの時計だった!!

   

黄金小道の2階へ行く階段。

   

家の2階は全てつながっていて、中世の武器や甲冑などが展示されている。ちょっと怖い雰囲気。

   
衛兵の交代式。
   
こういう係の人って、じっと動かないでいるけど、辛いんじゃないかなあ、といつも思う。
   
プラハの街の市場。
   
トラム(路面電車)。
乗りなれるとけっこう便利。
   
チキータバナナ柄のトラム。
   
トラムのターミナルもカラフルでかわいいぞ。
   
ヨーロッパにありがちな、大通りのど真ん中の公衆トイレ。
これ、使用中にいきなりがーっとドアが開いたらどうしよう、と思うと怖くて使えない。
   
ユダヤ人地区の、旧ユダヤ人墓地。
無数の墓石が折り重なっている。
   
 
   


 
→8へ

【へんてこえ日記 チェコ旅行記
 詳しい旅の日記はこちら!

チェコ1日目:時差の旅
チェコ2日目:知らない土地で電車がぶつかる
チェコ3日目:異国での乗り越し記録更新
チェコ4日目:今日も誤算だが嬉しい誤算
チェコ5日目:プラハでの苦行
チェコ6日目:ムハとの勝手なるシンパシー
チェコ7日目:飛行機はずっと昼だった
チェコ8日目:もはやチェコではない

<<こたびphoto Topへ

Copyright ©2006 sake freak all rights reserved.